転倒予防

おはようございます!ないとうです!

今回は転倒予防についてです。

年齢を重ねると、若い時に比べて筋力や

反射神経、バランス能力などの低下により転びやすくなります。

また、膝や股関節の変形により脚がしっかり伸びなかったり、

背中が丸まってきてしまうと、身体の重心が前後にずれてしまうので、転倒の原因になります。

そして、転倒してしまう場所は屋外よりも、室内のほうが多いそうです。

実は注意している場所よりも、無意識に生活している場所のほうが

足元に注意が払えず、つまずくことが多いのです。

転倒予防には下肢や体幹のトレーニングが重要となります。

当院では治療のなかで、ストレッチや筋力トレーニングの指導をすることがあります。

柔軟な筋肉や関節はけがの予防につながるので、自宅でのケアも大切になります。

さらに体幹のトレーニングには、

つけて座っているだけで鍛えられる治療機器もご用意しております。

気になる方は是非一度お試しください。

関連記事

  1. 初投稿

  2. 食事と骨折

  3. ストレスが引き金に‥

  4. 社員旅行

  5. 股関節痛

  6. 社内オリエンテーション